男がエッチなことをしてお金を稼ぐことに関する本を何冊か読んだので感想をまとめました

男なら誰でもエッチなことをしてお金を稼ぎたいと思ったことが1度はあるでしょう。

でもどんな仕事があって、どんなことをしているのかわからない人がほとんどだと思います。

 
僕もそのような状態ですので、とりあえず本を読んで勉強するところから始めました。

ネットにもいろいろ情報はあるのですが、噓くさかったり、詐欺広告でしかない物も多いので、ある程度の知識が着くまではきちんとソースのある本を教材にした方が良いと思ったので。

 
本を探し始めてから気づいたのですが、男娼に関する本は異常に少ないです。

需要が無いわけないですし、その職に就いている人も少なくないはずなのに少ない。

 
アンダーグランドな世界すぎて取材が出来ないからなのでしょうか?

女性と違って男性の場合は売春防止法などで管理されておらず、違法なのか合法なのかわからない世界ですので、公にされるのを嫌がる人がいてもおかしくないですからね。
 

 

男娼

 
出張ホスト、売り専ボーイ、ニューハーフヘルス嬢へのインタビューをまとめた本。

出張ホストに来る客は処女が多いとか、売り専ではアナルセックスまでしなくて良いとか、ニューハーフヘルスに来る客はチンコをしゃぶりたがっているとか興味深い内容が多かった。

 
twitterでは性欲に溢れた人が「女性用風俗に行って来た」とかつぶやいているけど、実態はその逆で、男性慣れしていない人が悩みに悩んだ挙句に利用しているそう。

男性慣れしている女性なら出会い系サイトを利用したりハプニングバーに行けばタダで性欲発散できますからね。

 
あと、売り専ボーイやニューハーフヘルス嬢と違って、出張ホストに限ってはなり方に再現性が無さそうなので、仕事内容がわかっても、それをできるスキルがあったとしてもお金を稼ぐことはできなさそう。

違法行為にもなりますし。

 
男がエッチなことをしてお金を稼ぐならば売り専ボーイかニューハーフヘルス嬢になるのが王道なのかもしれません。

 
そんな売り専ですが、女性客は2010年をピークに減っているそう。

理由は明記されていませんでしたが、売り専自体がバー型から派遣型に変わってきたことや、男と遊ぶ場所が増えているのが原因じゃないかと僕は推測します。
 

⇒男娼(中塩智恵子著)を読む

 
※追記
twitterで「女性用風俗に行って来た」とつぶやいている人の目的はたぶんステマです。

ステマと言ってもその風俗店を女性に宣伝しているのではなく、男性に対して「こういうお店で働くと私みたいな女とエッチしてお金貰えるよ」とアピールし、面接に来させようとしているのです。

そういうお店で男性が働くためには登録料が必要な場合があり、それがメインの売上になっている女性用風俗店はたくさんあります。
(街中に貼ってある「お金持ちの美熟女の簡単なサポート」のポスターなんかはまさにそれです)

 

娼年

 
主人公が男娼の小説です。

フィクションなのでなんの参考にもなりませんが、ラノベみたいな感じで読みやすく面白かったです。

 
松坂桃李さん主演で映画化もされましたし、女性の間で男娼の認知度が向上したのならば、この作品の価値はとても高いと思います。
 

⇒娼年(石田衣良著)を読む

 

江戸文化から見る 男娼と男色の歴史

現代を知るには過去からと言うことで陰間茶屋について書かれた本を読みました。

 
陰間茶屋と言うのは江戸時代にあった現代の売り専バーのことで、ニューハーフヘルスとの棲み分けは出来ていなく、女装して働く人もいたとか。

客は男性だけでなく女性も多かったらしい。

 
現代の男娼に影響を与えているのかはわかりませんが、客側の考え方と言うか嗜好はこの頃から変わっていなそうだなと思いました。
 

⇒江戸文化から見る 男娼と男色の歴史(安藤優一郎著)を読む

 

 

今後も読書をしたら追加していきたいと思います。

 

 


セックスだけの相手欲しくない?

彼女を探す場所としては最低ですが、セックスだけの相手を探すには出会い系サイトは最高の場所です。


素人の女の子との出会いを探すならば出会い系サイトではなく、ペアーズなどのマッチングアプリの方が効率が良いことはみんなとっくに知っているでしょう。

出会い系サイトに登録している女性の大半は援デリと言われる素人の援助交際を装った業者で、真面目に文章を考えてメールしても、それを読むのはデリヘル店のボーイです。


しかし、そんなクソみたいな出会い系サイトにも有効な使い方はあります。

普通の女性ではなく、ちょっと変わった女性との出会いを探す場合です。

恋人を作ることはできませんが、セックスだけの相手とは簡単に出会う事ができます。


※追記1
コロナ禍の現在、女性たちはクラブや相席屋などで遊び相手を探すことはできず、オンラインに頼るしか無いので、ネットナンパはここ数年で1番やりやすくなってます。


LGBT

ニューハーフやおなべ(FTM)などのトランスジェンダーと呼ばれる人や、バイセクシャルの女の子との出会いはマッチングアプリでは難しいですが、出会い系サイトならば簡単です。

たくさんのLGBTが登録しているわけではありませんが、そこを狙っている男性は少ないので、検索してみつけた時にメッセージを送ればかなり高い確率で会えます。


LGBTの中で1番募集しているのが多いのはおなべ(FTM)で、実際に僕もおなべくんと会ってセックスをしてきたのですが、セックス自体は女性としているのとあまり違いはありませんでした。
出会い系サイトのPCMAXで出会ったFTMくん(おなべ)とセックスしてきた
2回目のFTMくんとの交流です。 前回はホモセックスできませんでしたが、今回はしっかり最後までしてきました。 今回出会った場所は前回と同じ出会い系サイトのPCMAXです。 出会い系サイトなんてもう業者しかい

出会い系サイトにまで登録するようなLGBTの人は性欲が強いので、とても楽しいセックスを体験できると思います。

プチ援助

本番までOKと書き込んでいる女の子は援デリ業者ばかりですが、手コキまでやパンツ生脱ぎまでのプチ援をしている女の子は間違いなく素人です。

僕は新品の下着を買う代わりに生脱ぎをしてもらうというプチ援助をしましたが、一緒にご飯を食べに行ったりもして楽しかったので(パパ活みたいにご飯で手当てを渡したりはしていない)、またしても良いなと言いますか、またしてみたいなと思っています。
出会い系サイトで知り合った女子大生から使用済みの下着を貰って来た
PCMAXで知り合った女子大生にいらなくなったパンツを貰って来ました。 貰ったというよりは物々交換したという感じなのですが。 まさかこんな体験ができるなんて思っていなかったらとっても興奮しています。 ・PCMAX(18

メンヘラ

出会い系サイトで最も狙うべき相手は若くて可愛いメンヘラです。

「家出」「泊めて」「居場所」「リスカ」などのキーワードで検索するとそれなにヒットするのですが、男性会員同士で取り合いになっているので、掲示板で書き込みをみつけたらすぐにメッセージを送らないといけません。

まさに早い者勝ちです。


メンヘラ少女はセックスをすることで優しくしてもらえることを知っていますので、会いさえすればラブホまで簡単に行くことができます。

しかもセックスが異常に上手な子ばっかりなんです!
秋葉原のJKリフレで働く中退JKと出会い系サイトで知り合ってセックスした話をしようと思う
僕が35歳の時に18歳の女の子と知り合いました。 知り合ったきっかけは女の子が出会い系サイトに書き込んだ投稿を僕が見つけてメールを送った事です。 「今秋葉原に居るんだけど、会える人いない?家に帰りたくない。」 こん



こんな僕が利用している出会い系サイトはPCMAXです。

・PCMAX(18禁)
http://pcmax.jp/


以前はハッピーメールやワクワクメールの掲示板も監視していたのですが、キーワード検索が出来なくなったのでログインはほとんどしていません。

女性会員が多い優良サイトなのですが、掲示板をキーワード検索できないと僕の手法が使えませんので・・・。

・ハッピーメール(18禁)
http://happymail.co.jp/
・ワクワクメール(18禁)
http://550909.com/


出会い系サイトで良い思いをしている人としていない人の差は、掲示板を検索するキーワードのセンスがあるかないかだと思います。

どんなキーワードで投稿している女の子が業者ではなくすぐにセックスできる相手なのかを考えないといけません。

「おなべ(FTM)」「家出」「生脱ぎ」あたりはホント簡単に出会えるので一度試してみて下さい。

コメント