鶯谷ドトール – 逆援立ちんぼスポット調査①

世の中には逆援助交際が行われるスポットがあるらしいことを最近知った。
 

 
もし逆援スポットが本当に存在するなら早めに知った方が何かとお得なので、早速今日鶯谷のドトールに調査に行って来ました。

スポンサーリンク

 

卑猥な街「鶯谷」

たくさんのラブホテルと、テナントがデリヘルの待機所ばかりの雑居ビルが駅前に立ち並ぶ鶯谷。

駅前には突っ立ってスマホをいじってるだけの人が男女共にたくさんいます。

彼らはいったい何をしている、何を待っているのでしょうか?

 
ドトールはそんな駅北口を出てすぐの場所にあります。
 

 
まだ新しい建物でキレイ。

裏にはすぐラブホテルがありますが。
 

 
平日の19時くらいから20時くらいまでアイスコーヒーを飲みながら店内でぼけっとスマホをいじっていた。

逆ナン待ちをする時は暇そうにするのが良いらしい。

 

店内にいるお客さんの大半はスーツを着た会社帰りの普通のサラリーマン。

家に帰る前にひと息ついていたり、本を読んでいたり、ノートパソコン広げて仕事していたりとしていることは様々。

サラリーマンの他にいるのは近所に住んでいるであろうご高齢の夫婦や勉強している学生さんくらい。

カフェとしての華やかさが無いがドトールなんてどこもこんなものだろう。

 

少数ですが普通じゃない雰囲気の客もいました。

 

まず年齢の割に若作りした服を着ている女性と若いんだけど過度に太っている女性。

どちらもひとりでずっとスマホをいじっていたのですが、そのスマホはバッテリーに繋がっていました。

何時間ドトールで待機しているのでしょうか?

 

次に僕の隣の席に座った高齢のおじさん。

ずっとスマホで出会い系していた。

老眼なのかディスプレイに映る文字が非常に大きくてメールのやり取りが全部見えてしまった。

これから援交するみたいです。

援デリの可能性の方が高いでしょうが。

 

逆援ナンパはされなかった

僕が逆援助を持ちかけられることは無かったと言いますか、そんなことをしていそうな女性は皆無でした。

身体を持て余した人妻が現れるのは夜では無く昼間なのかなとも考えたのですが、この広さのカフェで逆ナンからの交渉とか人目につきすぎて無理だと思います。

年に数回は逆ナンが行われていてもおかしくは無いですし、ラブホ街なのでママ活の待合わせで利用されることもあるでしょうから、”たまたま”そういう光景を目にすることはあるかもしれませんが、鶯谷ドトールを逆援助スポットと呼ぶことはできないと思います。

 

2回目の訪問(2020/04)

 
半年ぶりに来たドトールの2階は喫煙席が無くなり広くなっていた。

これなら店内で交渉があったとしても目立ったりはしなそう。

 
平日の夜8時くらいに訪問したのですが、2階にいたのは(1階は店員の目があるので2階にいる人だけ対象としています)男性1人客が6人、女性1人客が4人、カップルが1組。

女性1人でいるのはみんな携帯のバッテリーを持っていたりしてデリヘルの外待機っぽい。
(コンセントの近くにある席に座って充電してる人さえいる)

 
今回も逆援を打診しているような素振りをしている人はいなかった。

 

鶯谷にはJKの立ちんぼがいる??

逆援ではなく、こっちが援助する側になってしまいますが、鶯谷にはJKの立ちんぼがいると言う噂もあります。
 

 

 

 
個人撮影のAVを販売しているダウンロードサイトで見つけた作品のキャプチャーです。
 

⇒この動画を見る

 
ヤラセの確率がとても高いと思いますが、JKの立ちんぼは超貴重なので調査に行くしかありません。

ミテコを求めて⑤ - JKの立ちんぼもいると噂の町田駅南口の田んぼを調査してきた
JR町田駅南口 今はラブホテルとコインパーキングしかありませんが、JR町田駅の南口は田んぼと呼ばれるちょんの間があった売春地帯でした。 JR町田駅南口のラブホ街 その時の名残なのか、このエリアには立ちん

 

検証(2020/05)

 
JK立ちんぼの出没場所に行ってみましたがそれらしき人物はいませんした。

そもそも駅前は人が予想以上にたくさんいたので、立ちんぼが活動するには難しい場所な気がします。

 
駅前にたくさんいたのはスマホをいじりながらひとり佇んでいるおじさん。

援助交際か待ち合わせ型デリヘルのお客さんだと思う。
 

 
このドラッグストアの上が待機所になっているのか、女の子がひっきりなしに出たり入ったりしていた。
 

30分くらい駅前を観察していたのですが、鶯谷の独特な光景を見ているだけでも楽しかったです。
 

あと、北口ではなく南口近くにある鶯谷公園も立ちんぼスポットだと思うのですが、この日見に行ったら売春婦だらけだったので写真を撮る事はできませんでした。

高齢の立ちんぼでも良い方はぜひ足を運んでみて下さい。

 


セックスだけの相手欲しくない?

彼女を探す場所としては最低ですが、セックスだけの相手を探すには出会い系サイトは最高の場所です。


素人の女の子との出会いを探すならば出会い系サイトではなく、ペアーズなどのマッチングアプリの方が効率が良いことはみんなとっくに知っているでしょう。

出会い系サイトに登録している女性の大半は援デリと言われる素人の援助交際を装った業者で、真面目に文章を考えてメールしても、それを読むのはデリヘル店のボーイです。


しかし、そんなクソみたいな出会い系サイトにも有効な使い方はあります。

普通の女性ではなく、ちょっと変わった女性との出会いを探す場合です。

恋人を作ることはできませんが、セックスだけの相手とは簡単に出会う事ができます。


※追記1
コロナ禍の現在、女性たちはクラブや相席屋などで遊び相手を探すことはできず、オンラインに頼るしか無いので、ネットナンパはここ数年で1番やりやすくなってます。


LGBT

ニューハーフやおなべ(FTM)などのトランスジェンダーと呼ばれる人や、バイセクシャルの女の子との出会いはマッチングアプリでは難しいですが、出会い系サイトならば簡単です。

たくさんのLGBTが登録しているわけではありませんが、そこを狙っている男性は少ないので、検索してみつけた時にメッセージを送ればかなり高い確率で会えます。


LGBTの中で1番募集しているのが多いのはおなべ(FTM)で、実際に僕もおなべくんと会ってセックスをしてきたのですが、セックス自体は女性としているのとあまり違いはありませんでした。
出会い系サイトのPCMAXで出会ったFTMくん(おなべ)とセックスしてきた
2回目のFTMくんとの交流です。 前回はホモセックスできませんでしたが、今回はしっかり最後までしてきました。 今回出会った場所は前回と同じ出会い系サイトのPCMAXです。 出会い系サイトなんてもう業者しかい

出会い系サイトにまで登録するようなLGBTの人は性欲が強いので、とても楽しいセックスを体験できると思います。

プチ援助

本番までOKと書き込んでいる女の子は援デリ業者ばかりですが、手コキまでやパンツ生脱ぎまでのプチ援をしている女の子は間違いなく素人です。

僕は新品の下着を買う代わりに生脱ぎをしてもらうというプチ援助をしましたが、一緒にご飯を食べに行ったりもして楽しかったので(パパ活みたいにご飯で手当てを渡したりはしていない)、またしても良いなと言いますか、またしてみたいなと思っています。
出会い系サイトで知り合った女子大生から使用済みの下着を貰って来た
PCMAXで知り合った女子大生にいらなくなったパンツを貰って来ました。 貰ったというよりは物々交換したという感じなのですが。 まさかこんな体験ができるなんて思っていなかったらとっても興奮しています。 ・PCMAX(18

メンヘラ

出会い系サイトで最も狙うべき相手は若くて可愛いメンヘラです。

「家出」「泊めて」「居場所」「リスカ」などのキーワードで検索するとそれなにヒットするのですが、男性会員同士で取り合いになっているので、掲示板で書き込みをみつけたらすぐにメッセージを送らないといけません。

まさに早い者勝ちです。


メンヘラ少女はセックスをすることで優しくしてもらえることを知っていますので、会いさえすればラブホまで簡単に行くことができます。

しかもセックスが異常に上手な子ばっかりなんです!
秋葉原のJKリフレで働く中退JKと出会い系サイトで知り合ってセックスした話をしようと思う
僕が35歳の時に18歳の女の子と知り合いました。 知り合ったきっかけは女の子が出会い系サイトに書き込んだ投稿を僕が見つけてメールを送った事です。 「今秋葉原に居るんだけど、会える人いない?家に帰りたくない。」 こん



こんな僕が利用している出会い系サイトはPCMAXです。

・PCMAX(18禁)
http://pcmax.jp/


以前はハッピーメールも利用していたのですが、掲示板でキーワード検索が出来なくなったので利用するのを止めました。

女性会員が多い優良サイトなのですが、掲示板をキーワード検索できないと僕の手法が使えませんので・・・。

・ハッピーメール(18禁)
http://happymail.co.jp/



出会い系サイトで良い思いをしている人としていない人の差は、掲示板を検索するキーワードのセンスがあるかないかだと思います。

どんなキーワードで投稿している女の子が業者ではなくすぐにセックスできる相手なのかを考えないといけません。

「おなべ(FTM)」「家出」「生脱ぎ」あたりはホント簡単に出会えるので一度試してみて下さい。

コメント